美容室専売品とは

こんにちは。

よくお客様に聞かれることで「市販のシャンプーは美容室で販売しているシャンプーと何が違うんですか?」というお問い合わせがあります。

 

僕の意見としては

 

  • 入ってる成分の品質がいいもの
  • 作られる工程にこだわりがある
  • 頭皮状態や髪質に合ったもの
  • 美容師がお客様の頭皮や髪の状態をみてセレクトできるもの

 

と答えはこんなところでしょうか。

 

特に最後の

「美容師がお客様の頭皮や髪の状態をみてセレクトできるもの」ということが僕は一番大事と思っているのですが

 

ここ数年

 

美容室専売品って美容室専売品じゃないじゃん

 

と思うことがあります。

 

みなさんご存知の通り、ドラッグストアや量販店、またはインターネットなどで美容室専売品が販売されています。

 

なぜ販売されているのかは色々理由があると思いますが、美容室専売品と書いている以上、矛盾が生じてきます。

 

だって美容室専売品なのですから。

 

美容室専売品=いいものだから何を使ってもいいはず。しかもそれが安く買えるならいいじゃん。

 

と思われる方はもちろんたくさんいらっしゃると思います。

 

ただ、ご自分に本当に合ったものを使えているのか。

 

 

こんな話もありました。

 

香りがいいという理由だけで使っていたシャンプーが実はくせ毛の方用のもので、パーマをしたあとにいつも通り洗ったらパーマがとれてしまった。

 

くせ毛の方用のシャンプーには少量の還元剤という髪をやわらかくしてくれるものが配合されていたりするのでこういう事態が起こったのです。

 

 

これって誰得ですか?

 

お客さん→パーマがとれてやりにくい。かけ直す時間もつくらなくてはいけない。

美容師→きれいにパーマをさせてもらったのに、かけ直さなくてはいけない。

シャンプーの製造メーカー→「あのシャンプーを使ったらパーマがとれる」と商品の評判が下がる。

 

販売した店(ドラッグストアや量販店、またはインターネットなど)は利益だけの追求になるので「使ったのはお客さんですよね?」となり、知らん顔。

 

極端な例ですが少なくともこのような悲惨な事態が起こりうるということです。

 

ですので美容室専売品という表示は「美容師が大切なお客様の頭皮や髪の状態をみて自信をもってオススメできる商品という証」だと思います。

 

ドラッグストアや量販店、またはインターネットなどで美容師でもない業者が販売できるような責任感のない商品に美容室専売品という証は表示してほしくないというのが願いです。

 

このままなら美容室専売品という表示がされた商品自体いらないです。

 

商品をネットで買うこと自体は便利ですし、いいと思いますがネットで販売されている、どこでどれだけ保管されていたのかもわからないアイテムが頭皮や髪を確実にキレイにできるものとは思いません。

 

ルートが明確になることが食品以外のところにも求められてきている気がします。

 

see you