天使の輪が見える方法

こんにちは。

 

今日は天使の輪が見える方法をお伝えしていきたいと思います。

これですね。

IMG_6516

 

いわゆる艶髪というものです。

 

ツヤというのは髪の毛の表面の光の反射が一定になるときに起こります。

IMG_6485

 

これが頭の丸みによって輪状に見えるため、天使の輪と呼ばれています。

 

ではこの光の反射が一定になるためにはどうしたらいいかというと、反射の土台が均一な状態であればあるほど一定になります。

なので、

 

  1. ダメージで毛髪の表面(キューティクル)が破損している状態
  2. くせ毛で表面がボコボコしている状態
  3. 汚れが付着している状態  

 

だと均一な光の反射が起こりにくく、天使の輪が見えづらいということになります。

 

 

  1. ダメージで毛髪の表面(キューティクル)が破損している状態

 

これはキューティクルという髪の内部を守る「盾」が外的刺激(カラーやパーマ、摩擦、紫外線など)によって剥がれてしまっている状態です。

健康な髪の人で7〜11枚ほどのキューティクルがあります。

一度剥がれてしまったキューティクルは元に戻りませんので、擬似キューティクルとしてケラチンタンパクなどをトリートメント施術で補います。

穴の開いたところにパテを埋めるイメージです。

 

2.  くせ毛で表面がボコボコしている状態

これは人が生まれつきもっているくせ毛のねじれやキューティクルの変形などで起こります。

アイロンやストレートパーマでそのねじれを矯正することで一時的なツヤは生み出すことができます。

 

3.   汚れが付着している状態

ワックスやスプレー、ほこりなどが付着していると表面がガサガサになっているためツヤがでません。

髪の毛はもちろん、頭皮の汚れもしっかり落とすと甦ります。ヘッドスパや炭酸シャンプーでのクレンジングがオススメです。

 

主に3つの例をあげさせていただきましたが、ほぼこの3つが改善できれば自然にツヤが出て天使の輪が現れます。

IMG_6503

「あれ?最近なんかツヤがないな?」と思ったそこのアナタ。

 

一度、見直してはいかがでしょうか?

 

see you