手のひらでシャンプーを泡立てて←できますか?

IMG_7255_2

今日はシャンプーのお話です。

 

今やシャンプーは毎日する方がほとんどですよね?

 

で、

 

よく「シャンプーの正しいやり方」みたいなことがネットなどに書かれてたりするんですが、

1.   クシで髪をときます。

 2.  髪に指を通しながら、しっかり濡らします。

 3.  シャンプー剤を手に取り、両手でよく伸ばして泡立てます。

 4.  シャンプー剤を髪につけ、たっぷり泡立てます。

 5.  爪を立てずに地肌を指の腹で洗います。

 6.  しっかりすすぎます。

 

とあります。

 

で、ここで思うのが、

 

 3.  シャンプー剤を手に取り、両手でよく伸ばして泡立てます。

 

というところ。

 

実際、僕は毎日お客様をシャンプーさせていただいてる中で、手のひらでモコモコの泡を作ることは一切ありません。

 

自分の頭をシャンプーするときも同じくです。

 

大量のシャンプーを使うか、泡立てネットでも使わないとモコモコの泡なんて立てれません。

そして実際泡を立てると泡が髪の毛の方ばかりについてしまい、地肌に届かないのです。

 

そこで僕がお客様に推奨してるのが、

 

「手のひらで泡立てずに地肌につけてから泡立てる」

 

ということ。

 

液状のシャンプーをそのままつけていいの?!というご意見がありますが、まったく無問題

 

逆にシャンプー剤が毛穴にしっかり入って泡立つことにより、毛穴の汚れを浮かし出してくれます。

 

過度に泡立ててからだと泡の粒子が大きいため、毛穴はおろか、地肌も洗浄できません。

 

特に市販のシャンプーは泡が大きく、洗浄力が強いため、地肌の乾燥や皮脂過多の原因にもなりやすいです。

 

補足になりますが、colon:ではお客様のシャンプー時には「こする」ということはしません。

こすることで弱体化した地肌はさらにダメージします。

 

指の腹だろうが爪だろうが摩擦することに変わりはないのです。

 

すすぎの時のお湯のバリアができている時に地肌をこすり、シャンプー時にはマッサージして頭皮を動かします。

 

シャンプーの方法一つで頭皮トラブルが改善された例も数多くあります。

 

シャンプー剤を選ぶ前に、もう一度シャンプーの方法を見直してみませんか?

 

see you