そもそもヘッドスパをするというのはどういうことなのか。

 

ヘッドスパ

 

と聞くと

 

気持ちいい

とか

すっきりする

 

という感想をいただきます。

IMG_6737

 

もちろん

痛い

くすぐったい

 

なんてことはしませんので、感想としては

気持ちいい

すっきりする

 

だと思います。

 

では

ヘッドスパっていつしたらいいの?

 

ということですが

 

気持ちよくなりたいとき

 

すっきりしたいとき

 

 

はもちろんなのですが、

 

これをお客様に説明する時にいつも

 

歯科医院

 

を例に出します。

 

歯医者に行ったことがない

 

というひとは少数だと思いますので、それを前提にお話させていただくと

 

ヘッドスパ(頭皮診断)=定期歯科検診

 

と考えていただくと一番わかりやすいです。

 

細かく分けていくと…

・歯石=頭皮の毛穴に詰まった過酸化脂質(脂のかたまり)

・歯垢=頭皮の表面や毛髪に付着した汚れ

・歯茎=頭皮

・歯磨き=シャンプー

となります。

 

ひとつづつ説明すると…

 

・歯石=頭皮の毛穴に詰まった過酸化脂質(脂のかたまり)

これに関してはご存知の通りどちらも通常の歯磨き(=シャンプー)では取り除くことができません。

歯石はレーザーなどの特殊な技術が必要なのと同様に、毛穴につまった過酸化脂質は炭酸シャンプーやホホバオイルによるヘッドスパが効果的です。

・歯垢=頭皮の表面や毛髪に付着した汚れ

これは歯磨き(=シャンプー)でとれますので日頃のケアで十分に対処できます。

前述の歯石と同様に汚れが残ると口臭(=加齢臭)がしますよね。

口内も頭皮も同じくこれが臭いの原因となります。

・歯茎=頭皮

どちらも血行が悪くなると炎症を起こし、トラブルを引き起こします。

抜歯(=脱毛)が一番わかりやすい例ですね。

頭皮の場合は脂漏性皮膚炎、角質異常(フケ)、かゆみなども引き起こします。

歯磨き=シャンプー

ご自身でもできるケアですが、ちょっと待って。

普段、歯ブラシで力強く歯や歯茎を摩擦しませんよね?

そうです。

頭皮もゴシゴシ洗うのではなく、歯茎をマッサージのと同様にマッサージシャンプーをするほうが頭皮を傷つけず、毛髪も摩擦が最小限なので合理的なのです。

 

というわけで

 

ヘッドスパ(頭皮診断)=定期歯科検診

 

 

という認識をもっていただければいいと思います。


 

 

colon:では一ヶ月半に一度の周期を推奨しております。

その周期で来ていただいているお客様にはヘッドスパメニュー¥1000オフサービスなどもあり、続けていただきやすい特典もご用意しております。

 

そして、最後にお伝えしたいのが、お客様がヘッドスパに対して正しい認識を持っていただくことも大切ですが、

 

「施術する側」の美容師も頭皮に関して歯科医師の方と同じぐらい責任とプライドをもって取り組むことがよりよいヘッドスパライフスタイルを生み出すということです。

 

どちらも同じ「師」という字をいただいている誇り高き仕事ですね。

 

colon:はこれからもヘッドスパの認知をあげていきます。

 

see you