ヘッドスパとマッサージの違いとは?

毎日ヘッドスパに燃えております田口です。

で、今回はヘッドスパは単なるマッサージではないというお話です。

ヘッドスパって力いっぱい揉んだ方がいいのか?というご質問をいただいたりするのですが、僕の答えはNOです。

よく女性の美容師さんで腕がプルプルなるぐらい一生懸命ヘッドスパをされている方がいらっしゃいますが、そんなことしてたら腱鞘炎になるし、しんどくてヘッドスパという技術自体が嫌いになっちゃいそうですよね。。

僕はシャンプーもそうなんですけど、基本的に「擦る」ということをほとんどしません。(これに関してはまた後日書きます)

その代わり、頭皮を指の腹で動かすということをしてます。

力を加えるのではなく、動かす。

力が入ると頭皮に負担がかかり、炎症を起こしてヒリヒリしてしまったりするので、特に乾燥やフケで悩んでらっしゃるお客様には厳禁です。

リンパマッサージでしたら「流す」という行為になるのですが、ヘッドスパは「頭皮を動かす」というのを意識しています。

ヘッドスパがマッサージと認識しているお客様には物足りないかもしれませんが。

ヘッドスパには単なるマッサージではなく「頭皮トラブルを改善する効果」があります。

colon:では来店されたお客様全員の頭皮の写真(マイクロスコープ使用)をアルバムで残しているので、頭皮状態が一目でわかります。

肉眼では見えない汚れやフケ、湿疹、頭皮ニキビ、白髪なども全て一緒にご覧になれます。

今日はお客様に許可をいただいたので実際のビフォアフターを載せたいと思います。

【BEFORE】

頭頂部

IMG_1906

後頭部

IMG_1907

側頭部

IMG_1908

自分の頭皮がこの状態というのを知るだけでも頭皮ケアの意識は高まりますね。

生活習慣が乱れていると予想できる状態です。

毛穴の周りに過酸化脂質(歯でいう歯石)がガッチリとハマっています。

乾燥ではないのでカユミなどは少ないのですが、ベタつきや頭皮の匂いはこれらが原因です。

今回はこの過酸化脂質を分解する炭酸シャンプーを使ったヘッドスパでケアしてみました。

それではアフターをどうぞ。

【AFTER】

頭頂部

IMG_1909

後頭部

IMG_1910

側頭部

IMG_1911

約45分の施術でかなりキレイになりました。

頭皮が輝いているのは余分な皮膜がなくなった証拠です。

もちろんこれだけではなく、ホームケアも大事です。

お客様にしっかりお伝えして、症状が改善していくようにアドバイス。

頭皮トラブルはヘッドスパはもちろん、お客様との協力で改善していきます。

僕らはお医者さんではありませんが、美容師としてできることがあるはずです。

今一度シャンプーやヘッドスパを見直してみてはいかがでしょうか?

see you

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です